ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

批判や否定は、いらない

2017.12.10 Sunday 08:36
0

    JUGEMテーマ:こころ


     ほかの人からひどいことを言われたら傷つくでしょう。
     自分自身に対しても同じことです。

     自己否定や自己批判は、自分自身を傷つけているのです。

     これらは反省と異なります。
     反省は、自分のわるいところを省みて、よい方向に引っ張っていく力を持っています。
     批判や否定は、ただ切り捨て、突き刺すだけです。
     だから、こころに傷となって残るのです。

     批判や否定をしてしまうのは、時間やお金、人など物質的な関係にこだわりすぎているからかもしれません。
     物質的なことには形や輪郭がありますから、自ずと制約があります。
     自分に見えているものや自分で思っていることから制約をつくってしまいます。
     そして、そこからはみ出たものを見て、ひとや自分を批判し否定してしまうのです。

     こころにはもともと制約はありません。
     こころはもっと自由で包容力があり、無限の創造性があります。

     批判や否定をしていることに気づいたならば、すぐにそうした思考を手放して、もっと自由であってよいのだ、と受け入れましょう。
    小品集 | - | - | - | - |

    無理強いするよりも、感動を伝播させる

    2017.11.12 Sunday 22:35
    0

      JUGEMテーマ:こころ


       斬新なアイデアは人々には理解され難いものですから、そのアイデアを押しつけて、力尽くで人々に理解させようとしても無理です。

       でも、ダメだからといって、ヘコんでいるようではいけません。

       あなたがそのアイデアを思いついたのならば、それが生み出される要素がすでにそこにある、ということです。
       あなたでなくても、近いうちに他の誰かが同じことを思いつくでしょう。

       歴史を振り返ってみると、電話を発明したグラハム・ベルとイライシャ・グレイとの特許出願競争などのように、同じ時期に同じようなことを考えて、しかも実践している人は結構いるものです。

       ですから、自分のアイデアを信じて、情熱をもって打ち込めばよいのです。

       あなたのアイデアが本当に素晴らしいものであれば、人々に感動が伝播し、おのずとひらけていきます。

      小品集 | - | - | - | - |

      自分の弱いところ

      2017.11.05 Sunday 09:22
      0
        JUGEMテーマ:こころ


         あなたは、自分の弱いところに気づいていますか?

         自分に弱い部分があるならば、こころの深いところに問題があって、それが表面化しているのかもしれません。
         弱いところには気づけたとしても、その根本になっている問題は、こころの深いところにありますから、自分ひとりで気づくことは難しいでしょう。

         このようなときは、自分の弱い部分を認め、まわりの人に助けを求めればよいのです。
         そして、与えられた助けは素直に受け入れましょう。

         まずは、助けを求めるのは自分が弱いからだ、と思うことをやめることです。

        小品集 | - | - | - | - |

        迷わないこと

        2017.10.24 Tuesday 21:46
        0

          JUGEMテーマ:こころ


           あなたがしたいことですのに、あなたが迷っていて、どうするのですか?

           ほかのものに判断を委ねたとしても、やろうとしていることは、あなた自身のことです。

           何よりも、「自分でする」というこころが大切です。
           「自分でする」というこころがあり、物事のながれに身を委ねていれば、何をすればよいかに気づくでしょう。

           あれこれ考えず、自分を信じて、目の前のことを、一つひとつ、こなしていけばよいのです。
          メッセージ | - | - | - | - |

          たいしたことではない

          2017.09.18 Monday 09:31
          0

            JUGEMテーマ:こころ

             物事にこだわりすぎますと、よしあしを判断せずにはいられなくなります。
             よければ喜び、わるければ怒ります。

             でも、そのよしあしは結局のところ自分の解釈にすぎません。
             物事の受け止め方が、そのときの自分の感情を決めてしまっているのです。

             判断をしないで、自分の感じたままを受け入れて、物事をみてみましょう。

             自分のこだわっている大概のことは、たいしたことではないのです。
            小品集 | - | - | - | - |

            きちんと振り向くこと

            2017.08.23 Wednesday 19:38
            0

              JUGEMテーマ:こころ

               あなたが勇気を奮い立たせて、前に向かって進むことができたならば、背中を押してくれたひとがいたからでしょう。

               目玉だけを左右に振ったところで、あたまの後ろ側を見ることはできません。

               背中を押してくれたひとが誰なのか、を知るためには、あなたはきちんと振り向かなければならないのです。
              メッセージ | - | - | - | - |

              駄目な人間にならないために

              2017.08.11 Friday 21:15
              0

                JUGEMテーマ:こころ


                 できないからといって逃げてしまうより、逃げたことを後悔するほうが、まだましです。
                 後悔しているということは、逃げてしまったことが自分にとってマイナスだった、とわかっているからです。

                 一番よいのは、できないことであっても、やってみることです。
                 たいていのことは、いまの自分にはできないだけで、何度かやってみてコツを掴みだしたら、できるようになったりするものです。

                 ほんの数回では、うまくいかないかもしれません。
                 もともとができないことなのですから、もっと気の遠くなるような回数が必要でしょう。

                 それでも、自分では気づかないところで、何かを掴んでいるものです。

                 愚直に繰り返しやっていれば、成長しています。
                 こうした愚直さの先で得られた才能が、ひとを秀才にするのです。

                 最初から上手にできる才能は必要ありません。
                 才能は伸ばせばよいのです。

                 できないからといって、駄目な人間ではないのです。
                メッセージ | - | - | - | - |

                頑張らなくていい

                2017.07.30 Sunday 18:00
                0

                  JUGEMテーマ:こころ

                   どんなに続けようと奮闘努力しても、物事には終わるときが必ず来ます。
                   それは、あなたがそのことを手放すときでもあるのです。

                   続けることを頑張りすぎて、一杯いっぱいであったとしても、手放すことで余裕がうまれ、新しいことが始められます。

                   そして、新しいことを始める前に、とても大切なことがあります。

                   それは、何もかもを手放して、休むことです。

                   あなたが、もし「頑張って休もう」と考えているならば、まずは頑張ることを手放してください。
                  小品集 | - | - | - | - |

                  今日は何かよいことありましたか?

                  2017.06.28 Wednesday 20:20
                  0

                    JUGEMテーマ:こころ


                     ポジティブシンキングなどでは、よいことに目を向けていれば幸せになれる、といわれたりします。
                     確かに目線がよいことに向いているだけに、幸せになれそうです。

                     それで、「今日のよいことは」っていいますと、「自分が何かよいことしたかな?」と考えてしまうものです。
                     これを毎日やろうとすると、たいてい失敗します。なかなか幸せにはなれません。
                     だって、常によいことを意識して、よいことばかりしようとして、疲れてしまうからです。

                     何もしないで、ぼーっとして、一日を過ごしたいときもあるでしょう。
                     この場合、何もよいことはしていませんけれども、それなりに幸せを感じたりするものです。

                     ですから、よいことに目を向けるコツは、ほんの少しでもよかったと感じたことを思い出すことです。

                     今日は日中暑かったけれど、木陰に入ったときの風は気持ちよかった、とか。
                     小銭入れの中に、1円玉がいっぱいあったけれど、全部使い切ってすっきりした、とか。
                     階段を一段とばしで登りきった、とか。

                     幸せの種は、いつでも与えられています。
                     それらに気づくことで、心にやすらぎがもたらされるのです。
                    小品集 | - | - | - | - |

                    この物差しはだれのもの?

                    2017.05.11 Thursday 20:12
                    0

                      JUGEMテーマ:こころ


                       人はいつもお気に入りの物差しを持ち歩いています。
                       その物差しで物事をはかって、善し悪しの判断をしているのです。

                       でもそれは、自分が物事をはかるための物差しであることを忘れてはなりません。

                       自分の物差しにあわないからといって、ほかの人を自分の物差しにあわせようとしても、たいてい気分が悪くなるだけです。
                       なぜなら、その人も自分だけの物差しを持っていて、それを大切にしているからです。

                       物事をはかる物差しは、決して、ひとつではない。

                       このように納得すれば、気分よくすごせます。
                      メッセージ | - | - | - | - |