ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

自分が自分らしく在ること

2020.10.08 Thursday 22:54
0

    JUGEMテーマ:こころ

     背筋をまっすぐにして座ってください。
     目を閉じて、胸の前で合掌してください。
     しばらく楽な呼吸を続けてください。

     どのような感情になりますか?

     穏やか、幸せ、慈しみ、愛おしみなどの善い感情になりませんか?

     その感情を覚えておいてください。

     さぁ、目を開けて、合わせていたてのひらを少し離してみましょう。
     鞠がひとつ入るくらいの間隔で構いません。

     そして、利き腕の方のてのひらを「外の世界と接している自分」、反対側のてのひらを「真の自分」としてみます。

    「真の自分」とは、何の制約もなく、自由にいられるときの自分です。

     一方の、外の世界には、家族や友人、知人、職場の人だけでなく、世間一般というのもあります。
     また、人でなくても構いません。
     動物や物品、食べ物や建物なども対象にできます。
     そのような人や物と接したときに自分がどうであるかをイメージします。

     そして、両方のてのひらの空間に意識を集中してください。
     ちょうど鞠のある空間です。
    「真の自分」と「外向きの外界に接する自分」の間、この空間が「わたし」になります。

     さて、私たちは生きていく上で、3つの制約を受けています。
     それらは、時間、空間、人間の3つです。
     これらのことを「三間(さんげん)」と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

     そして、先ほどの利き腕のてのひらを「外の世界に接するときの自分」としましたが、この接する対象である三間を変えてみます。
     時間は「現在」「過去」「未来」、空間は「環境」「場所」、人間は「真の自分」と「外の世界に接している自分」と考えてみましょう。

     例えば、利き腕のてのひらに集中しながら、家族と接しているときの自分を思い描いてください。
     まずは、時間を変えていってみましょう。
     自分がまだ小さな子どものとき、反抗期に入ったとき、就職したとき、家から独立したときなど、時間を変えてみます。
     つぎに、空間です。
     学校や自分の部屋、夏休みに家族で泊まった旅館など、空間を変えてみます。

     このようにしたとき、両方のてのひらの間に在る「わたし」は、どのように変化しますか?
     ひょっとしたら、嫌なことを思い出したときには、てのひらの間隔が広がっているかもしれません。
     ひょっとしたら、嬉しいことを思い出したときには、てのひらの間隔が狭まっているかもしれません。

     つぎは、対象となる人や物を変えてみてください。

    「わたし」というものは、接するものによって、いろいろ変わっていくものだと感じませんか?

     全く変わらない永久不変の「わたし」というものはない、ことに気づきましたか?
    「わたし」を見ていて、いままで思い通りになっていないことが多いな、と感じていたとしても、「わたし」は変わっていくものだ、と知りました。
     であるならば、思い通りの「わたし」にだって、変われるはずです。
     このことをまず信じましょう。

     さて、いま思いつく三間を決めてください。
     そして、両方のてのひらの間にあらわれた「わたし」に集中しましょう。
     その「わたし」がどのようであるか、よく観察してください。
     その「わたし」のことが気に入らなくても、変えようとせず、ただ観察してください。

     観察しながら、両方のてのひらを近づけてみましょう。
     優しく、繊細に、どんどん近づけてください。

     両方のてのひらが合わさって、合掌のかたちになったら、最初の時に覚えた善い感情で合掌を包んでください。
    「わたし」を両方のてのひらで優しく包み、善い感情で満たすようにするのです。

     しばらく、その感じを味わってください。
     善い感情で満たされたら、合掌を天に向けて持ち上げていき、天空に「わたし」を解き放ってください。

     合掌は、「真の自分」と「外の世界に接している自分」が一致しているかたちを象徴しています。
     自分に嘘をつかないこと。
     自分を慈しむこと。
     自分を愛おしむこと。
     自分が自分らしく在ることで、ひとは幸せに生きられるのです。

    メッセージ | - | - | - | - |