ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

奉仕の大切さ

2020.09.19 Saturday 20:36
0

    JUGEMテーマ:こころ

     この世では、自他の区別なくして生きられません。
     それは、なぜなのでしょうか?

     この世において自他の区別をつけるのは、奉仕の経験を得るためです。
     ここでいう奉仕とは、ボランティア活動に限ったことではありません。

     奉仕の経験とは、相手のために、何をなし、何を与え、そのことにより何を得るのか、を経験することです。
     まず自分から与えることで得られることや、まず自分からなすことで得られることは、必ず自分をより豊かで幸せにします。
     ですから、奉仕することが大切なのです。

     奉仕するためには、その対象がなくてはなりません。
     ですから、この世では、自他の区別をつけずに存在することはできないのです。

     自他の区別をつけるこの世では、主体である自分が客体である相手よりも大切な存在になりがちです。
     ですから、普段の生活では自我(エゴ)が育ちやすいのです。

    「相手は自分に何をしてくれるのだろうか?」
    「相手から自分は何を得られるのだろうか?」

    という我欲の意識で、相手からの行為を待っているようであれば、奉仕の経験は得られません。

    「相手のために自分は何ができるのだろうか?」
    「相手のために自分は何を与えられるのだろうか?」

    という奉仕の意識をもち、自らすすんで行動することで、限りない豊かさがもたらされるのです。

    メッセージ | - | - | - | - |