ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

七十七 自然にしたがう

2013.07.25 Thursday 21:07
0

     暖かいところから冷たいところに空気は流れる。
     高いところから低いところへ水は流れる。
     落ちたしずくは地面に薄く広がる。

     集中して高まったエネルギーは拡散して低くなろうとします。

     
     このように状態を変化させて安定するのが自然です。
     ものが多くあるところから不足しているところへ補うように動くのが自然ということです。

     
     ところが、世間では、ものは貧しい者からさらに取り上げられ、富んでいる者がさらに豊かになっています。
     一生のうちに使い切れないほどのものを持っている富者で、見返りも求めず、余っているものを世界中の人に分け与えている人が、どのくらいいるでしょうか。

     
     それができる人は、真理について心を完成させた理性ある人です。

     
     理性ある人は、自然にかなうように分かち合い、自分のものを所有しません。
     理性ある人は、自分の行為に見返りの名声を要求しません。
     そもそも自分がすぐれているように見られようとも思わないのです。

     
     自分の行為を尊いものだとも思わず、ただ自然にしたがっているだけです。

    道訓 | - | - | - | - |