ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

ひとりで悩む必要はない

2019.03.04 Monday 21:27
1

JUGEMテーマ:こころ

 

 

 自信がなくなったとき、思い出して欲しいことがあります。

 いままで、あなたが助けてもらったことや教えてもらったこと、気づかせてもらったことを思い出してください。
 多くの人と関わるなかで、たくさんの知識や経験を得て、ここまで前に進んできたことでしょう。

 決して、ひとりで来たのではありません。
 あなたを教え、導き、助けてくれる誰かが、いつもそばにいたのです。

 そして、これからもそうです。

 このことを本当に理解するならば、あなたは孤独になることもなく、恐れることもないと気づくでしょう。

 あなたがひとりで悩む必要はないのです。

 

幸福の第2因子 | - | - | - | - |

はじめの一歩

2019.02.09 Saturday 10:33
0

    JUGEMテーマ:こころ

     いまのままでよいと思っていたら、良い方向への変化はありません。

     現在の状況を変えてみたいと思ったとき、成長が始まります。

     「やってみよう」という気力が湧いてきたときに、喜びや楽しみの感情に乗せて、ただ行動すればよいのです。

     結果を心配する必要はありません。
     一所懸命にやったことの結果が、期待したものとは違っていたとしても、受け入れてください。
     すべては完璧なタイミングで起こっているのです。

     やった分だけ、必ず成長しています。

     どうしてもはじめの一歩が踏み出せないなら、その一歩を踏み出せるように、自分のために祈ってください。
     そして、初めてお祈りすることができたのなら、その分だけ成長したということです。

     さて、つぎは何をしますか?
    幸福の第1因子 | - | - | - | - |

    面倒くさいことへの対処方法

    2019.01.27 Sunday 20:37
    0

      JUGEMテーマ:こころ

       仕事や地元でなにがしかの役をもたされるなど、面倒くさいことに巻き込まれそうになって、逃れられそうにないなら、さっさと自ら進んで引き受けることです。
       そうすることで、主導権を握れます。

       巻き込まれるよりも、巻き込む方にまわることです。

       面倒くさいことは、誰もがやりたくないことですので、上手にやり遂げられたら、達成感もひとしおです。
       しかも、主導権を握っていますので、やらされる場合よりも、スムーズにやり遂げることができるでしょう。

       面倒くさいことをやらされて損したなんて思わなくてよいのです。

       あなたは全く損などしていません。
       損する代わりに、人々からの信頼を得られるのです。

      メッセージ | - | - | - | - |

      日々精進なのです

      2018.12.30 Sunday 16:03
      0

        JUGEMテーマ:こころ

         欲をもつこと、怒ること、愚かであることは、生きるための原動力とも言えます。
         ですから、生きている以上、完全になくすことはできません。

         大切なことは、これらのことにとらわれないようにすることです。
         とくに、激しい欲や怒り、愚かさにとらわれて、いつまでもこだわって我を忘れてしまわないようにすることです。

         我(が)を強く張り過ぎたときに、我を忘れる状態になります。
         強い刺激にさらされますと、その刺激以外のことがわからなくなるように、我を張った一面しかみえなくなります。
         落ち着いてみれば、我の内にもいろいろな面があるのに忘れてしまうのです。

         欲をもつこと、怒ること、愚かであることは、生きるうえで不可避とも言えますので、学ぶべきはこれらの扱い方なのです。

         けっして、これらをなくすような努力をしないでください。

         そのような努力は、決して満たされることのない欲望であるばかりでなく、さらなる怒りをまねく、愚かな行為です。
         自分の内の欲や怒りや愚かさを常に意識してコントロールしていることが大切なのです。

         生きていると経験を積んで少しずつ学んでいきます。
         これが成長するということです。

         同じ成長するなら、効率よく成長したいものです。
         しかしながら、自分がよりよく成長するためには、いまの自分よりもよりよく生きようとこころに決め、よりよく生きるよう実践するしかありません。

         これを精進といいます。

         精進には、より高みを目指すという欲と、凡庸であることへの怒り、愚かなまでの基礎的な鍛錬の繰り返しがなくてはならないのです。
        メッセージ | - | - | - | - |

        価値観を大切にして生きる

        2018.10.30 Tuesday 23:13
        0

          JUGEMテーマ:こころ


           旅行に行くことを考えてみましょう。

           どのような荷物を持って出ますか?
           旅行にはどのような交通手段で行きますか?
           どのようなクラスの席をとりますか?
           レストランに入ったら、どのような物を食べますか?

           ひとは自分の価値観に基づいて選択し、行動しています。
           自分らしくいるために、価値観に合っていることは、とても大切なのです。
           ですから、価値観を抱くにあたって、自分自身を偽らないでください。
           自分には不相応だと思ったり、いまの状況に合うように価値観を変えてみたりして、自分を納得させても、心のどこかで「何か違う」と思うものです。

           自分の価値観は、自分自身で形づくるものであって、まわりに納得させられて、それで満足するようなものではないのです。

           たしかに、ときと場合によっては、自分の価値観に当てはまらないこともあるでしょう。
           柔軟に対応することも大切です。
           時機を待つことも大切です。
           自分ひとりでは生きていけないのですから、周囲に合わせるよう求められることもあります。

           それでも、価値観という自分のなかで曲げない芯があるからこそ、自分らしさを保ちながらも、まわりに合わせられるような、しなやかな生き方ができるのです。
          小品集 | - | - | - | - |

          天賦の才

          2018.09.29 Saturday 23:31
          0

            JUGEMテーマ:こころ

             天賦の才ということは、生まれながらにその才能の種があなたのなかにある、ということです。
             ただ、植物の生長をみても分かるように、育つための条件がととのっていませんと、芽が出ません。

             加えて、人間の場合は育てようとする意志が大切です。
             いくら自分のなかに才能の種があって、育つための条件がととのっていても、「いまのままでいい」という考えであれば生長しないのです。

             この考えは、明るいですか?

             生長は、明るい方向に伸びていきます。

             何かをやっていて、気分が良く、ぱっと明るいものを感じたならば、これが生長の兆しです。
             あなたに与えられた天賦の才は、ここにあるのです。
            小品集 | - | - | - | - |

            ささやかな楽しみに

            2018.08.30 Thursday 19:45
            0

              JUGEMテーマ:こころ

               苦しみの本質は、自分の望むようにならないことです。

               生きるということは、自分の望むようにならないことに耐えるということです。

               ですから、猛烈に求めて得られる特別な出来事だけに幸せが感じられるのではなくて、日常のほんのちょっとした出来事やささやかな楽しみに幸せを見いだせるようになっているのです。
              メッセージ | - | - | - | - |

              失ってはじめてわかること

              2018.06.15 Friday 20:13
              0

                JUGEMテーマ:こころ


                 失ってはじめてその大きさを知ります。
                 それから自分が何を得ていたのかや、どこを拠り所にしていたのかがわかるのです。

                 失うまでは、何事もなく穏やかな日々の中に、いつもあったということです。
                 ですから、平々凡々とした日であればあるほど、つまらないと思うのではなく、ありがたいと思うこころでいたいものです。
                メッセージ | - | - | - | - |

                弱さと弱味

                2018.05.10 Thursday 22:12
                0

                  JUGEMテーマ:こころ

                   自分に弱さを見せることは、悪いことでも恥ずかしいことでもありません。
                   自分の弱さを認めることは、勇気のいることです。
                   ですから、ほかの誰かに自分の弱さを見せられることは、自分に勇気があるということです。
                   そして、自分の弱いところを鍛えれば、自分が成長しますし、お互いで弱いところを補いあうことができるならば、ひとりではできないようなことも成し遂げられるでしょう。

                   一方、弱味になりますと、どうなるでしょうか。
                   人の弱味を握って、利用することは悪いことです。
                   人の弱味を握る能力は高まるかもしれません。
                   ですが、これでは、相手が成長することはなく、より傷つけていくばかりです。
                   力を合わせて、お互いに成長することはありません。

                   あなたはひとりだけですべてをこなして生きていけることはできないでしょう。
                   ならば、自分ひとりだけが得をして、成長しても仕方がありませんね。
                  メッセージ | - | - | - | - |

                  気持ちに余裕を

                  2018.04.21 Saturday 00:17
                  0

                    JUGEMテーマ:こころ

                     仕事をたくさん抱えて気持ちが一杯になっていて、どうも効率が悪いと感じているならば、いっそのこと、手を休めてみましょう。
                     そのままやり続けたとしても、効率がよくなることもありませんし、つまらぬミスをしてしまうかもしれません。
                     このようなときには、仕事を全部やらなければ、と思っていることもあるでしょう。

                     でも、気持ちに余裕がありませんので、とてもやりきれるものではありません。

                     ですから、いまのあなたにできる部分だけを、しっかりとやるようにすればよいのです。
                     できる部分が終わったら、今度はしっかりと休みます。

                     仕事だけでなく、何事も減り張りが大切です。

                     できる範囲でしっかりと仕事をして、仕事を忘れてしっかりと休むことで、気分転換にもなり、気持ちに余裕ができるでしょう。

                     気持ちの余裕を少しずつ増やしていって、調子が出てきたら、勢いに乗ればよいのです。
                    メッセージ | - | - | - | - |