ココロまいるど

武道と瞑想の実践と、お釈迦様の教えから学んだことを、色々なところからヒントを得て記事にしています。

失ってはじめてわかること

2018.06.15 Friday 20:13
0

    JUGEMテーマ:こころ


     失ってはじめてその大きさを知ります。
     それから自分が何を得ていたのかや、どこを拠り所にしていたのかがわかるのです。

     失うまでは、何事もなく穏やかな日々の中に、いつもあったということです。
     ですから、平々凡々とした日であればあるほど、つまらないと思うのではなく、ありがたいと思うこころでいたいものです。
    メッセージ | - | - | - | - |

    弱さと弱味

    2018.05.10 Thursday 22:12
    0

      JUGEMテーマ:こころ

       自分に弱さを見せることは、悪いことでも恥ずかしいことでもありません。
       自分の弱さを認めることは、勇気のいることです。
       ですから、ほかの誰かに自分の弱さを見せられることは、自分に勇気があるということです。
       そして、自分の弱いところを鍛えれば、自分が成長しますし、お互いで弱いところを補いあうことができるならば、ひとりではできないようなことも成し遂げられるでしょう。

       一方、弱味になりますと、どうなるでしょうか。
       人の弱味を握って、利用することは悪いことです。
       人の弱味を握る能力は高まるかもしれません。
       ですが、これでは、相手が成長することはなく、より傷つけていくばかりです。
       力を合わせて、お互いに成長することはありません。

       あなたはひとりだけですべてをこなして生きていけることはできないでしょう。
       ならば、自分ひとりだけが得をして、成長しても仕方がありませんね。
      メッセージ | - | - | - | - |

      気持ちに余裕を

      2018.04.21 Saturday 00:17
      0

        JUGEMテーマ:こころ

         仕事をたくさん抱えて気持ちが一杯になっていて、どうも効率が悪いと感じているならば、いっそのこと、手を休めてみましょう。
         そのままやり続けたとしても、効率がよくなることもありませんし、つまらぬミスをしてしまうかもしれません。
         このようなときには、仕事を全部やらなければ、と思っていることもあるでしょう。

         でも、気持ちに余裕がありませんので、とてもやりきれるものではありません。

         ですから、いまのあなたにできる部分だけを、しっかりとやるようにすればよいのです。
         できる部分が終わったら、今度はしっかりと休みます。

         仕事だけでなく、何事も減り張りが大切です。

         できる範囲でしっかりと仕事をして、仕事を忘れてしっかりと休むことで、気分転換にもなり、気持ちに余裕ができるでしょう。

         気持ちの余裕を少しずつ増やしていって、調子が出てきたら、勢いに乗ればよいのです。
        メッセージ | - | - | - | - |

        自分にとって、よい判断とは

        2018.03.25 Sunday 18:50
        0

          JUGEMテーマ:こころ


           物事の判断における本質は、生き物としての原初的な反応にあります。それが感情です。

           いまここで自分にとってよいかわるいかは、自分の感情が示してくれるのです。
           物事の判断には、正しいとか間違っているとかを確実に言うことはできません。
           言葉にできる理由はすべて頭で考えた後付けだということです。

           いまの感情は、明るくて軽い感じがしますか?
           だったら、あなたにとってよい選択をしています。

           そうでなければ、こころが明るくて軽くなるような、ほかの答えを見つけるか、そもそも答えを見つけようとしないで、流れに任せるかです。
           いずれにせよ、気分が楽になるなら、それがよい選択ということです。

           だから、「いまの自分の感情や気持ちはどうなのか?」という問いが一番大切なのです。
          メッセージ | - | - | - | - |

          一所懸命はたらいたあとは、やすんだってよいのです

          2018.02.28 Wednesday 22:15
          0

            JUGEMテーマ:こころ

             自分の事よりほかの人のためにと思って、一所懸命はたらくことはよいことなのですが、疲れてしまうときがあります。

             人に頼られることはよいことなのですが、自分の快く引き受けられる限度を超えて頼ってこられるようならば、きっぱりと断る方がお互いにとって、よいことなのです。

             自分にとっては限界を知ることになりますし、相手にとっては限度を知ることになります。

             動くということは、疲れるということです。
             疲れを癒やす一番の方法は、やすむことです。

             断ることで、やすむ機会を得られます。
             良質のやすみをとることができれば、再び生きる力が湧いてくるのです。
            小品集 | - | - | - | - |

            ギブ アンド テイク

            2018.01.09 Tuesday 20:58
            0

              JUGEMテーマ:こころ

               あなたは、見返りを求めて、ものを差し出しますか?
               あなたは、罪悪感を抱いて、ものを受け取りますか?

               差し出してばかりいると、損した気分になります。
               受け取ってばかりいると、肩身が狭くなります。

               「ギブ アンド テイク」のバランスをとることは、とても難しいことなのです。

               差し出すとか受け取るとかの行為に対して、こころのどこかに引っかかるものがあると、それらの行為は自然な行為といえません。
               差し出すことや受け取ることの先に、そうした物や相手を見てしまうと、自然ではなくなります。

               あなたが差し出すことで、あなた自身は何を受け取っているのですか?
               あなたが受け取ることで、あなた自身は何を差し出しているのですか?

               何の見返りも求めず差し出し、素直に感謝し受け取るとき、それらの行為は自然な行為といえるのです。

              メッセージ | - | - | - | - |

              決まっていること

              2017.12.31 Sunday 08:46
              0

                JUGEMテーマ:こころ

                 上司からせかされても、手をつけたばかりの仕事が完成することはありません。
                 いくら焦ったところで、話し相手がその場にいなければ、交渉は成立しません。

                 周りに合わせようとしすぎてはいませんか?
                 自分が前のめりになりすぎてはいませんか?

                 物事を成し遂げるには、まずはその種をまかなければなりませんが、種が成長しなければ、実を結びません。
                 物事には、必要な手順と時間が決まっているのです。

                小品集 | - | - | - | - |

                批判や否定は、いらない

                2017.12.10 Sunday 08:36
                0

                  JUGEMテーマ:こころ


                   ほかの人からひどいことを言われたら傷つくでしょう。
                   自分自身に対しても同じことです。

                   自己否定や自己批判は、自分自身を傷つけているのです。

                   これらは反省と異なります。
                   反省は、自分のわるいところを省みて、よい方向に引っ張っていく力を持っています。
                   批判や否定は、ただ切り捨て、突き刺すだけです。
                   だから、こころに傷となって残るのです。

                   批判や否定をしてしまうのは、時間やお金、人など物質的な関係にこだわりすぎているからかもしれません。
                   物質的なことには形や輪郭がありますから、自ずと制約があります。
                   自分に見えているものや自分で思っていることから制約をつくってしまいます。
                   そして、そこからはみ出たものを見て、ひとや自分を批判し否定してしまうのです。

                   こころにはもともと制約はありません。
                   こころはもっと自由で包容力があり、無限の創造性があります。

                   批判や否定をしていることに気づいたならば、すぐにそうした思考を手放して、もっと自由であってよいのだ、と受け入れましょう。
                  小品集 | - | - | - | - |

                  無理強いするよりも、感動を伝播させる

                  2017.11.12 Sunday 22:35
                  0

                    JUGEMテーマ:こころ


                     斬新なアイデアは人々には理解され難いものですから、そのアイデアを押しつけて、力尽くで人々に理解させようとしても無理です。

                     でも、ダメだからといって、ヘコんでいるようではいけません。

                     あなたがそのアイデアを思いついたのならば、それが生み出される要素がすでにそこにある、ということです。
                     あなたでなくても、近いうちに他の誰かが同じことを思いつくでしょう。

                     歴史を振り返ってみると、電話を発明したグラハム・ベルとイライシャ・グレイとの特許出願競争などのように、同じ時期に同じようなことを考えて、しかも実践している人は結構いるものです。

                     ですから、自分のアイデアを信じて、情熱をもって打ち込めばよいのです。

                     あなたのアイデアが本当に素晴らしいものであれば、人々に感動が伝播し、おのずとひらけていきます。

                    小品集 | - | - | - | - |

                    自分の弱いところ

                    2017.11.05 Sunday 09:22
                    0
                      JUGEMテーマ:こころ


                       あなたは、自分の弱いところに気づいていますか?

                       自分に弱い部分があるならば、こころの深いところに問題があって、それが表面化しているのかもしれません。
                       弱いところには気づけたとしても、その根本になっている問題は、こころの深いところにありますから、自分ひとりで気づくことは難しいでしょう。

                       このようなときは、自分の弱い部分を認め、まわりの人に助けを求めればよいのです。
                       そして、与えられた助けは素直に受け入れましょう。

                       まずは、助けを求めるのは自分が弱いからだ、と思うことをやめることです。

                      小品集 | - | - | - | - |